国内最大級!スペシャルキッズECマーケットプレイス

 

 

This month charity

 

大阪府豊中市の放課後等児童デイサービス・児童発達支援の複合施設 Primo(プリモ)|大阪府豊中市 

期間中こちらのお見舞いチケットを購入いただくと、その購入金額1円=1ポイントとして積算します。
合計ポイントは『Primo(プリモ)』にチャリティさせていただき、施設利用者のご家族や施設様の欲しいもの(チャーミングケアモールで扱っている製品の中から選択)とポイント分引き換えていただくことが可能です。
購入は下記バナーをクリックしていただければ、それぞれのギフト券購入カートが開きます。
以降お手続きのほどよろしくお願いします。

 

今回のチャリティ目標額は10万円  
チャリティ期間 6月1日ー6月15日 (期間は予告なく変更される場合があります)    
現在のチャリティ額  5,000
 円 【随時更新いたします】

 


「もう一歩、前に」を理念に掲げた、大阪府豊中市に拠点を置く北摂地域を支える児童デイサービスPrimo(プリモ)

こどもや、その家族の方々が「できない」とあきらめることなく、妥協することもなく、みんなが明るく楽しく生きていくための支えでありたい。 いきなり大きく変えることは難しいけども、どんな時も「もう一歩、前に」の気持ちで頑張っていきたい。という理念のもと、大阪北摂地域に拠点を持つあきグループのprimoさんを取材させていただきました。


『あなたに幸せと、笑顔と、満足を』

Primoは児童デイサービスを行なっていますが、重症心身障害のお子さんの通所サービスのピッコロを併設しています。
また、グループ内では訪問看護事業も行なっているため、在宅でケアをされているお子さんとの直接的な接点を持ち利用者やそのご家族だけではなく地域の幸せと笑顔と満足を理念に掲げたサービスを提供されています。

施設を訪問させていただいて一番目を引いたのが、なんといっても大きな入浴槽とリフトを完備したお風呂
お話を伺った施設長の岡さんに実際に動かしていただきました。

 


重症心身障害などで特に気管支切開をしているお子さんは、どうしても入浴(お湯に浸かる)ことが難しく、どうしてもシャワーだけになりがちです。
ですが、障害のない人だってゆっくり入浴すると気持ちがいいし、心が休まらないでしょう?primoでは、ここにきた時はとにかくゆっくりそしてほっこりした気持ちで帰宅して欲しいという思いから、入浴施設を導入しています。
利用者さんには、とても好評で、お風呂に入るために利用されている方もいらっしゃいます。まるで銭湯のような活用法ですが(笑)、それでお子さんだけでなくお家族の方もほっこりしてもらえるのであれば、私たちも嬉しく思っています。

デイサービス(ピッコロ)での療育の様子も取材させていただきました。子どもたちが楽しそうに療育プログラムを受け、ランチを食べて笑顔で過ごしている様子を見ることができました。

また、働き方にも工夫があり、障害のあるお子さんのママさんたちの雇用にも積極的で、施設の香りのプロデュースをしているのもprimoを利用していたお子さんのママさんでした。
アロマでお母さんたちに安らぎを提供したいと、送迎で来られた際や出張型で施術を行なっているとのこと。

 

施設長の岡さんにお話を伺いました。
立地的には決して便利な立地ではないんですが、たくさんのご利用者さんに活用いただき、北摂地域に根付いたサービスを提供しています。

チャーミングケアさんの企画のお話を伺って、当施設でもこういったきめ細やかな商品を使用できたらなぁと感じました。
特に、デイサービスでは食事介助があったりするので、食器やエプロンはあると助かるなぁと感じています。
当施設でも利用者さんにも実際に手に取ってみていただけるように、チャーミングケアさんの「さいしょセット」のサンプルを展示させていただくことにさせていただきましたので、今後活用されれば良いなと感じます。



 

インタビューを終えて 【ライター/石嶋瑞穂】
コロナ禍により全国規模で医療体制が逼迫する中、入院患者を在宅医療に移行するケースが急増し地域の訪問看護が多忙な状況になっています。(弊社アンバサダー及び複数の訪問看護ステーションへの独自聞取り調査による)
環境の変化に戸惑う子どもたちへのコミュニケーションツールとしてチャーミングケアモールの商品を活用していただこうと、大阪府豊中市に拠点を置く児童デイサービスPrimo(プリモ:運営母体有限会社ケアプランセンターあき、グループ会社内にて訪問看護ステーションも併設)をチャリティ対象に決定し、取材に伺いました。


朝から療育の様子を拝見し、楽しそうに時間を過ごす子どもたちの様子にほっこりしました。
食事介助の時間も見させていただきましたが、児童デイを利用するお子さん達は少しの食事介助は必要なものの、自分で食事を取れるお子さんばかり。
自分で食べやすい食器や、汚れても気にならないエプロンがあるといいなと感じました。
訪問看護には同行取材はできなかったのですが、看護師さんにお話を聞いたところ、看護はもちろんなのだけれど情報の伝達というのも重要な要素の一つだとおっしゃっていたのが印象的でした。
チャーミングケアモールの商品やサービスに関しても、情報の一つとして伝えていただき、商品に関しては実物に触れていただけたら三方良しなのではないかなと感じました。

 今回のチャリティ目標額は10万円を目標にしています。【チャリティ期間 6月1日ー6月15日】

期間中に集まったチャリティ額を合算して、対象施設に「お見舞いギフト券」としてお渡しします。

集計されたポイントは有効期間6ヶ月とし、その間、該当施設様及び滞在されたご家族などに活用していただけます。