国内最大級!スペシャルキッズECマーケットプレイス

スペシャルケアが必要な全ての子どもたちにチャーミングケアを


子供のためのTOTAL CARE

治療ももちろん大切です。ですが、子どもが子どもらしくあるために、外見ケアやメンタルケア、子どもと寄り添っている家族のためのケアなどトータルケアが必要だと私たちは考えています。

子どもの病気は、家族一丸となって乗り越えていくものです。こちらでご紹介している「チャーミングケア」の情報や医療ケアグッズ関連の商品は、そのほとんどが子どもの病気と寄り添ってきた家族の体験談から生まれたものです。

そしてお見舞い品ギフトとしてご紹介している情報や商品は、日々の生活の中にほっこりした笑顔を作るものばかりです。

それは、病気や障害を治す特効薬ではないかもしれない。

しかし私たちの考える「チャーミングケア」は、子どもたちが教えてくれた笑顔の素を、周りの大人が形にしたケアなのではないかと感じています。


◆チャーミングケアのシンボルマークは、病気や障害のある子供たちの外見ケアやメンタルケア、寄り添う家族のメンタルケアなどを推進・啓蒙することを表現しています。

*チャーミングケアの事業及びシンボルマークは、商標を取得しております。(登録第6110922号)


始まりはここから「可愛らしさって、ワガママですか?」

20181月、私たちは非営利活動「チャーミングケアラボ」を立ち上げました。
チャーミングケアの前身となる小児がん専門のお見舞いECサイトを、代表石嶋が小児がんに罹患した長男の病院付き添い中に自作し本格始動してから1年後のことでした。
その1年間に感じたことを最初に発信したのが、「可愛らしさって、ワガママですか?」というコラムです。こちらは、WEBメディアハフポストに同時掲載されたくさんの方から反響をいただきました。

「同じように感じている人がいる」と確信しました。
時を経て、20197月 非営利活動は、一般社団法人に形を変えました。たくさんの人に責任を持って情報を届けたいと考えたからです。
同時にボランティアで活動していたこともあり、継続していくための手段も模索しました。

自走可能な継続事業としてチャーミングケアを位置付け、「世の中にこの考え方は必要なんだ」というインパクトを持たせたいと考えたのです。

そこで企業様からの支援のもと、当サイト『チャーミングケアモール』が誕生しました。
物販事業に特化するため、企業様の100%子会社としてスタートする事になりました。
株式会社でスタートした事によって、2つのメリットが生まれました。

1つは、百貨店や商業施設での医療ケアグッズやお見舞い品の展示販売が可能になったこと。
今まで、インターネットか年に数回ある福祉展などでしか直接触れることの出来なかった商品を、駅前の商業施設で手に取って入手することができる。今までにはない取り組みとなりました。

*
参考事例:有楽町マルイ様にて202011月 ポップアップショップ開催

そしてもう1つは、病児や障害児に関して直接的な繋がりのなかった企業様に「お見舞い品」として商品を出品していただいたり、インタビュー取材をさせていただき記事発信をさせていただく機会をいただきました。

*参考事例:サラヤ株式会社様 インタビュー記事掲載
  

ただ、チャーミングケアモールはコロナ禍と共に走り出した事業。感染対策・外出制限の最中(お見舞いなどの制限含む)、外見ケアやお見舞い品という事業性は時代とはマッチしておらず業績は厳しいものでした。

そこで2021年4月、収益事業として切り離していたチャーミングケアモールを一般社団法人チャーミングケアに無償譲渡していただき、もう一度原点に立ち返っての運用をしていく事になりました。

一般社団法人では主に発信をメインに活動しており、運用していくに充分な資金がない状況です。
どのような形が、一番適切な形なのか頭を悩ませました。

*活動参考事例:毎週配信しているPodcast


2021年7月1日、一般社団法人チャーミングケアは非営利型一般社団法人としてリスタートいたします。
当サイトの収益の全ては、

チャリティコンテンツへの活用、サイト運営にお力添えいただいている病児・障害児のママさんたちで構成されるチャーミングケアアンバサダーへ人件費、その他病気や障害のある子どもたちと家族のための活動費として活用させていただきます。

2019年 一般社団法人チャーミングケア決算報告はこちら

また、寄付によるご支援も受け付けております。
コロナ禍の最中、外出制限でおしゃれをする機会は激減しています。さらに面会や付き添い制限のため、お見舞いの機会すらほとんどない状況です。その中での収益化は非常に困難を極めています。
皆様のご協力をお願い申し上げます。
継続ドネーションサイトはこちら
https://syncable.biz/associate/charmingcare/vision

クラウドファンディング開催中!

afterコロナではなくwithコロナとして、この先数年は進んでいかねばなりません。それは私たちの団体だけではない話ですが、特に我々の対象としている「病気や障害のあるお子さんと家族」というのは、なんの気兼ねもなく外を歩けるようになるのが、おそらく最後の方の順番になろうかとおもいます。

みんながマスクなしで外に出られる頃までに、どうにか情報・物・支える人を充実させておくことが、きっと私たちに今できることなのではないかと思っています。

引き続き、応援、どうぞよろしくお願いします。