国内最大級!スペシャルキッズECマーケットプレイス

嚥下障害がある子を持つ親たちがはじめたコミュニティ「スナック都ろ美(とろみ)」体験レポート!

2021/01/09

嚥下(えんげ)障害のある子どものお母さんたちがはじめたコミュニティ活動「スナック都ろ美(とろみ)」が2020年から始動しています。活動の主軸は、当事者とその家族同士のコミュニケーションで、ケアに役立つ情報やノウハウの交換などを行っています。活動に参加したレポートを、チャーミングケアモールアンバサダーの五十嵐さんが届けてくれました。

一緒においしいを共有したい。
みんなで食べられるメニューを増やしたい。

食事支援が必要な子どもがいるママとパパのコミュニティサイト 「スナック都ろ美」。食を楽しむというコンセプトのもと、オンラインイベントなどを開催しています。
チャーミングケアモールアンバサダーとしても活動している五十嵐純子さんも、常連ママの一人。

チャーミングケアモールをご利用いただくユーザーさんにとって必要な情報がたくさんあるのでは?と五十嵐さんからの体験レポートです!

『スナック都ろ美 / バーチャル大家族 体験レポート』  ライター/五十嵐純子
ちょっと遅れて参加しました「バーチャル大家族」。
恒例の玲子ママ(永峰玲子さん)の作る娘さんのミキサー食のメニューを当てる「これなあんだ?」から始まります。



この日は、見逃してしまいましたが、いつもミキサーにかけられて、元の形状がわからないご飯を言い当てます。
まだ、正解者が出ないほど玲子ママは上手にミキサーをかけてます。

*永峰さんのお食事の工夫事例
お節料理をとっても綺麗にみじん切りにして、お寿司のようにとろみのあるご飯の上に乗せて食べるそう。
お食事の際に使用しているのは、岡部洋食器製作所さんのシリコン製の口当たりのやさしいスプーン