国内最大級!スペシャルキッズECマーケットプレイス

2021/08/07

メディアアーティストの落合陽一が総合ディレクションを務めるオンラインファッションショー、「True Colors FASHION 身体の多様性を未来に放つ ダイバーシティ・ファッションショー」が2021年5月30日にオンライン配信されました。

 

このイベントは、日本財団が主催する「True Colors Festival 超ダイバーシティ芸術祭 -世界はいろいろだから面白い-」の演目のひとつ。True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)はパフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭で、誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。

 

今回のファッションショーでは、モデル・ファッションブランド・テック企業がチームを組んで共同制作に挑戦。11組のモデルが水面を演出したランウェイを歩き、インタビューでその制作プロセスを明らかにしました。

 

モデルの身体を起点につくられたファッションから、義足、車椅子など、身体に寄りそうテクノロジーをファッションによって拡張し、誰しもがもつ身体の多様性に呼応するアダプティブな装いのあり方を考えます。

 

チャーミングケアのアンバサダー、五十嵐さんご家族がショーに出演しました!

 

重症心身障害のある五十嵐ここねさんと、姉のねねさんがモデルとなり、車椅子を押してランウェイを歩きました。

 

車椅子の装飾は、身の回りにあるものを組み合わせて作るデザイナー「kotohayokozawa」のものづくりと、ここねさんの母、純子さんによる共同制作。服は身体に縫い目があたらないポリエステルにプリーツ加工を施すことで、装着した人の体にほどよく寄りそい、座ったままでも立ってもフィットして着られるデザインが実現しました。

 

落合陽一さんとのインタビュー

 

落合陽一さんとのインタビューで、ここねさん・母 純子さん・姉 ねねさんが、今回チームを組んだデザイナーの横澤琴葉さんとともに、制作の過程や出演の感想を語りました。

 

ここねさんの服について、純子さんは「ここねが生まれたとき、1キロくらいの極低体重だったので、小さくて何も着れるものがなかったところからのスタート」だったと語ります。「大きくなると、ベビー服だと着るのが辛くなってくるので、もう少し生活の中で段階が緩やかになるといい。そういう意識をもっと社会に持ってもらえたら」とメッセージを伝えてくれました。

 

ここねさんの姉 ねねさんは、普段の生活で感じることや、姉妹の関係について、語ってくれました。

 


インタビューに答えるここねさんの姉、ねねさん

 

「兄弟姉妹で障害を持っている人がいても、隠さないでもっと明るく考えてほしいです。

持っていることを逆に大事にしたいし、みんなにもそうしてほしいと思います。」

 


もっとお話を聞きたい!と思い、チャーミングケアで純子さんとねねさんに単独インタビューを行いました。インタビュー記事を是非ご覧ください。
ねねさんの素直で力強いメッセージが心に響きました。

 

チャーミングケアのインタビューの記事はこちら 

 


*チャーミングケアモール会員限定記事です。
 

 会員登録はチャーミングケアモールTOPページから行ってください。
 今後も役立つ情報を配信していきます。

 


 

 

■True Colors FASHION 開催概要

日時:2021年5月30日13:00~

出演:乙武洋匡、我妻マリ、りゅうちぇる、他

視聴方法:True Colors Festival YouTube公式チャンネル

https://www.youtube.com/c/truecolorsfestival

・6月2日(水)以降、ショーとインタビューのアーカイブを視聴可能

 

True Colors FASHION ショー アーカイブ視聴はこちら

True Colors FASHION: The Future is Now! Runway Show

 

落合陽一インタビュー視聴はこちら

出演:横澤琴葉(kotohayokozawa)/ 五十嵐ここね・ねね・純子

”Diverse Fashion Adds To Her Life’s Mosaic”|落合陽一インタビュー「生活と装いから生まれる多様性とブリコラージュ」

 

ーProfileー

 

五十嵐 ここね

2006年3月14日生まれ。15歳。

筑波大学附属病院にて、1,166gの極低体重出生児で生まれる。

重度の脳性麻痺(生後3ヶ月の身体能力)と、難病ウエスト症候群というてんかんを患う。2歳半で母子通園の療育センターへ通い、4歳で地域の私立保育園に入園。その後、地域の知肢併設特別支援学校へ入学。現在、高校は肢体不自由特別支援学校へ。視力は弱く、30センチ範囲程度。言語能力はなく、喃語のみ。夢は、ハイファッションから古着まで着こなせる個性派モデル。

 

五十嵐 ねね

2004年7月生まれ。16歳。高校2年生。

趣味は、10年続けているクラシックバレエと毎日のお弁当作り。KPOPとファッションが大好きだけど、お小遣いがないので、洋服はお母さんと共有している。

 

五十嵐 純子

料理家。自宅で料理教室や、その他のワークショップ開催。長女を妊娠してから子宮頸がんが見つかり、治療後完治。しかし、治療が原因で次女を20週で破水し、2ヶ月間入院。27週で次女を出産。

重度の脳性麻痺とてんかんを患う次女の、育児書のない子育てで引きこもり悩む。次女の支援学校入学を機に、2012年筑波大学附属病院内で患者会を発足。「小児患者保護者のおしゃべり会」代表。主に、NICUや小児病棟、在宅で過ごす病気や障がいのある子どもの子育てや生活の悩みついて、地域や社会とのつながりを求める活動をしている。

・インスタグラム https://www.instagram.com/salotto_cuc...

・ブログ https://salotto.exblog.jp/

 

 

--------------------------------------------------
チャーミングケアモールは現在、病気や障害のある子どもの外見ケアなどに関する研修事業実現のためのクラウドファンディングに挑戦中です!

子どもだって見た目は気になる!病児の笑顔を支える研修を実現したいは、2021年8月25日までのAll or Nothing 形式のプロジェクトです。あと18日で、約79人からの協力がないと支援が全く届きません。
ひとりでも多くの方に広めてください!
#クラウドファンディング #READYFOR #チャーミングケア https://readyfor.jp/projects/charmingcare

コメント

投稿はありません

レビューを書く